もみじ狩り

昨日から、宇治の実家に来ています。
偶然だと思うのですが、Jさんの営業担当先に宇治工場のある会社があって、
土日でも、なにかとこちらで用事があったりするのです。
そういうときは、せっかくなので、家族で実家にお邪魔することにします。
お母さん、いつもお世話になってます!

そして、今日も朝からJさんは、出かけていったので、
残った私たちはおばあちゃんといっしょに、
朝から甥っ子のサッカーの試合を観戦した後、またもや宇治散策に出かけました。
今日の行き先は、『興聖寺』。
もみじで有名なお寺です。
さて、門から入って向かいましょうか!

c0145209_1431216.jpg


小さくうちの息子達が走ってる姿が、写ってるの見えますか(笑)?

c0145209_145682.jpg


もしかして、一番いい時期に来たかもしれません。
真っ赤に染まってます。
ちなみにこのもみじの正式名称は、『いろはかえで』という名前です。
なんて可愛い名前♪

c0145209_1485548.jpg


c0145209_152851.jpg


これこそ、まさに『もみじ狩り』

c0145209_157514.jpg


長男は「宇治ってほんまにきれいなところが多いなあ!」といって、
喜んでました。
ほんまにそうやな。
お母さんも、確かにそう思います♪

c0145209_159075.jpg


c0145209_214398.jpg


やっとお寺に着きました。

c0145209_224840.jpg


ちょうど鐘撞きの時間に遭遇。
おごそかな鐘の音が鳴り響く中、じっと眺める長男。
ワイワイと走り回る次男坊...。

c0145209_25148.jpg


c0145209_282958.jpg


ほんとはこの土日に、京都市内へと足を伸ばそうと目論んでましたが、
この時期の市内は全国から訪れる観光客でごった返していて、
ただ歩いて移動するだけでも、大変だと止められたのでした(苦笑)
小さな子供のいる我が家は、こうして地元でのんびり楽しむぐらいが、
ちょうどよかったのでしょうね。

ちなみにこの『興聖寺』は、京都の自然二百選にも選ばれているぐらい
有名なところなんですよ。
生まれてこのかた、宇治から離れたことのない母も、
このお寺がすごく好きなんだそうです。

そうそう帰り道に、長男がおもしろいものをもらいました。
竹の皮でつくられたバッタです!
すごいでしょう?

c0145209_2215381.jpg


道端で、普通のおじいちゃんが作って、細々で売っておられたのですが、
長男が歓声をあげて、眺めていたら「あげるよ。」といって下さったのでした。
ほんとに素晴らしい出来です。
思いがけないプレゼントに、長男は大喜びでした♪







++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



宇治といえば、なにかと茶の香餅のことばかりUPしてましたが、
ほんとはこちらの方が、昔からある宇治を代表するお菓子なんです。
『茶だんご』です♪

c0145209_2293939.jpg


小さな頃、抹茶のお菓子といえばこれでした。
3つのだんごが串にささって1本になってるのもありますが、
こうして1つ1つが別になっているのもあります。
子供は、この方が断然食べやすいです。

この茶だんごは、いろいろなお店で売られていますが、
実は最近、県(あがた)神社前の中村菓舗の茶だんごが
隠れた一品らしいという情報を得て、初挑戦でした。
いつも食べてるだんごより、ねっとりモチモチしてたような気がします。
あっという間になくなったことは、言うまでもありません(笑)

最後に、長男の一言。
「宇治って、外に行ったらきれいなところもあるし、
おいしいものもいっぱいあるし、ええとこやな〜!」ですって(笑)
確かにそうかもね。
[PR]