生まれ変わった靴

昨日、久しぶりに一人で外出させてもらった。
久々のシャバの空気はうまかった(笑)
そして、やっとあれを受け取りにいくことができた。
それは、こちら。

c0145209_0124246.jpg


ご存知、『BIRKENSTOCK』のBOSTONです。
4年前、横浜に転勤になると決まった時、がんばれ私というこじつけで買ったもの♪

とても気に入って、履き込んでいたので、相当へたってました。
なのでここ最近は、ほとんど履いていませんでした。
いつもなら、そろそろ新しいものを...なんて思ってしまう私なのですが、
この靴だけは、思い入れも強く、今回思い切って、
フットベッド全交換(アッパーのみ残して、全て交換)を
お願いすることにしました。

そしてその修理が終わり、無事手元に戻ってきたのがこちらなのです。
アッパー以外すべて新品になったBOSTONは、
新品同様の履き心地なのに、慣れ親しんだ風情は変わらずでした(嬉)

高い修理代でしたが、思い切ってお願いしてよかったと心から思いました。
ちなみにインソールも靴底もこんな風に、まっさらです。
これほど気持ちいいことはありません♪

c0145209_8372934.jpg

c0145209_0331186.jpg


そして、今日さらに思い切ったのが、靴クリームを使ったこと。
このBOSTONは、ヌバック素材ということもあり、
靴クリームを塗り込むのは、風合いを変えてしまう恐れがあるのでご遠慮下さいと
言われていたのです。
真面目な私は、言われた通り、お手入れと言えば、
ブラシをかけるぐらいだったのですが、さすがに4年の歳月から来る年季は
いかんともしがたくなってきていたので、修理を機に靴クリームをたっぷり
塗り込んでみることにしたのです。

さて、こちらが塗り込み前と後です。
塗った方がよかったと思いませんか?

c0145209_0452589.jpg


もちろん靴クリームは、あれを使いました。
栄養たっぷりのクリームをこれでもかとたっぷり塗り込んで、
丁寧に丁寧に拭きあげると、カサカサと白くけばだったような表面が、
ツヤツヤと温かい質感に変わり、また新しいBOSTONに生まれ変わりました♪
大げさですが、今回のこの修理一連の出来事には、ほんと感激しました。

ただ自分がうれしくて、感激したのををいいことに、
今日もひとりよがりな記事を長々と綴ってます(笑)
でも、もし同じようにほったらかしのビルケンがあるという方がいれば、
一度思い切って修理を考えてみたらいかがでしょう?
同じように、生まれ変わるかもしれませんよ。






++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



今日からまた再び、次男坊も外の世界とのつながりを持ち始めました♪
土曜参観の振替で、長男も今日はお休みだったので、
おツレのmayuちゃん親子を誘って、我が家に遊びに来てもらいました。
友人がうちに来るなんて、久しぶりです(嬉)

そして、やっぱり今日も焼きました(笑)
mayuちゃんのリクエスト『いちごミルクのバターケーキ』です♪

c0145209_195935.jpg


奥に写っているおみやげのいちごは、そのままいただくことにして、
今日も冷凍いちごを使いました。
でも今回、マーブル模様なんて面倒だと思い、いちごの砂糖煮を
そのまま一気に混ぜ込んだのがいけなかったのか、
生地全体が重い感じで、ふんわり焼きあがりませんでした...。
またしても、うまくいかなかった(涙)
バターケーキって、ほんとに難しいです。

とはいえ、身内同然のmayuちゃんは、おいしいおいしいと連呼して
食べてくれました(笑)
ありがたいです、ほんと。
いつか、いつでもおいしく焼けるようになれたらいいなと思います。
[PR]