ガトーショコラ

今日は、バレンタインデー。
もちろん何か作るつもりだったけど、前日まで何に作るか
決まってませんでした。

が、前日はお菓子とパンのプロフェッショナルみっち大先生が来てました。
何がいいかと相談したところ、手持ちの本の中からこれにしたらどう?と
勧められました。
それが『ガトーショコラ』でした。
またまた、たかこさんレシピです(それしか持ってないともいいますが)。

こちらは、焼きたてホヤホヤのガトーショコラ。
大先生から、大事なポイントをきちんと聞いたので、
チョコがたっぷり入った生地なのに、驚く程ふんわり仕上がりました!
やった〜♪

c0145209_13495854.jpg


さてこちらが、冷ました後、粉砂糖をフリフリしたところ。
あとで、本を見返すとこんなに真っ白になるまで、ふりかけてませんでした(笑)

c0145209_13545139.jpg


さあて、カットしていただきましょうか♪
本日主役の一人Jさんは、京都で結婚式だったので、
夜遅くに食べましたが、おいしいと喜んでくれました。

c0145209_13563556.jpg


今回、クリスマスに引き続き、姉親子が遊びにきてました。
「バレンタインデーにガトーショコラ作るねん!」と姉に言うと、
「うちにええのあるし、持って行くわ。」と言ってくれました。
それは、こちらでした。

c0145209_13585992.jpg


ベルギー・カレボー社のクーベルチュールチョコレートのセミスイート。
ほんとは、手軽に板チョコを使おうと思ってたので、
お菓子のランクが、思いがけずグッとあがりました♪

そして、使ったココアはいただきもののこちら。
ここ最近、お菓子でココアを使うときは、いつもこれを使ってます。
1878年創業のイタリアVenchi社のココアです。
パッケージがレトロで可愛いので、とても気に入ってます。
ちなみに、缶にかかれた『due vecchi』とは二人の老人という意味です。
イタリアでは、おじいちゃんおばあちゃんも大好きな飲み物と
いうことなんでしょうかね。

c0145209_1424215.jpg


そうそう、残り3人の主役、甥っ子、長男、次男坊のことを忘れてました。
こちらの3人衆も「おいしい〜!」と喜んでくれました。
こんな風に、一生懸命作ったお菓子を喜んで食べてくれるのが、
うれしくてならない今日この頃です。
[PR]