帆布の会

今日は、友人のtori、mayuちゃんが我が家に揃い『帆布の会』を開いてました。
ちなみに、『帆布の会』の正式名称は『CHECK&STRIPE STANDARDに載っている
トートバッグを11号帆布で作る会』といい、
そのバッグとやらは、こんな感じのものなのです。

c0145209_0233480.jpg


実は、このバッグ、まだ横浜にいる頃に、私が作りました。
とても気に入って使い込んでるので、ヨレヨレしてます(笑)
でも、実物を見ると、たいがいの人が「このバッグ使いやすそう!作りたいっ!」
というのです。
ちなみに、右下の小さなトートバッグは11号帆布を買うとついてくる
ミニレシピで作ったもので、大きなトートバッグと揃いで作ると
さらにいいと思います。

このトートバッグを作る上で、楽しみなのが、
内側の縫い代を自分の好きな生地を使って、くるめることです。
大きなトートも小さなトートも同じく、縫い代はこのように
リバティでくるんでいます。
生地は、大好きな『capel(ベージュ)』です♪
見えないところだけど、手間をかけると、うれしくなります。

c0145209_0294676.jpg


toriは、息子、娘の小学校が終わってから、
mayuちゃんは娘の幼稚園が終わってから、子連れで我が家に集結という
強行スケジュールでのぞんだ帆布の会。
晩御飯も、皆で持ち寄り、やる気満々の二人でした!

私の算段では、なんとか二人とも今日一日で縫い終わり、
無事帰ってもらう予定だったのですが、
結局、最後あと少しのところで、タイムアウトとなってしまいました。
なので、彼女たちのトートバッグの画像はありません(笑)
次回に持ち越しです。

今回、『帆布の会』では、おおいなる教訓をひとつ見つけました!
このトートバッグを作るにあたり、まず最初に縫い代付きの型紙を
ササッと作ってから、裁断にのぞむべきだったということ。
生地に直接サイズを書き込んで裁断するのに、
思いがけず時間がかかってしまったのでした(笑)
tori、mayuちゃん共に...(言ってしまった)

数字が得意な人は、いいのです(笑)
数字が苦手な人は、ぜひとも上記のように型紙をきちんと作成してから、
生地裁断するのをおすすめします。
この本をお持ちの方は、わかると思いますが、
このサイズ表、かなり頭がこんがらがります。
ご注意を!



生地:『CHECK&STRIPE』 11号帆布、リバティ『capel』
パターン:『CHECK&STRIPE STANDARD』P.7トートバッグ
     『CHECK&STRIPE』ミニトートバッグ(ミニレシピから)
[PR]
by il_cutito | 2009-02-20 23:14 | 私のhandmade