食べたくなると作ります

昨日のことですが、急に食べたくなって作ったものを二つほど。
まずは、お昼ごはんに『ちくわ天そば』。

c0145209_16144238.jpg


料理研究家のケンタロウさんがこんなことをいっていました。
『ちくわは天ぷらにした途端、特別感がでる』
この大袈裟な格言がたまらなく好きです(笑)

c0145209_16214130.jpg


それにしても、次男坊と二人だけのお昼にちくわ天を揚げる気力に
自分でもびっくりです(笑)
我が家の青のりは、ちくわ天用に常備しているといっても過言ではありません。
それぐらい大好きなのです♪

そして、もうひとつ。
買いすぎたバナナの消費目的もあったけど、やっぱりここでも食べたくなって、
またたかこさんのレシピで『カラメルバナナのマフィン』を作りました。
横浜時代に、よく焼いていたこのマフィン。
かなり久しぶりの登場でした。

c0145209_16292677.jpg


小鍋でカラメルを作り、薄く輪切りにしたバナナをからめて作る
カラメルバナナを混ぜ込んだこのマフィンは、とてもおいしくて、
その昔、何度も何度も焼いてました。

c0145209_16293790.jpg


そういえば、たかこさんの本に、お菓子の食べごろの話が載っていました。
マフィンやスコーンは焼きたてからその日のうち、
タルトやパイは台のさっくり感が失われないうち、
シフォンケーキは、生地の質感と風味が飛ばないその日から翌日中、
そしてバターケーキは焼いてから3日前後、砂糖や洋酒が多めのレシピなら、
もう少し熟成させてからがおいしいのだとか。

せっかちで待つことが大の苦手な私には、
焼きたてからおいしく食べられるマフィンが
何よりぴったりのお菓子かもしれません。
[PR]