次男坊の園バッグ

先日やっと重い腰をあげてとりかかった次男坊の園グッズ。
まずは一番面倒なショルダーバッグから。
たくさんある生地の山から「おっ!」という生地を見つけて、
快調に縫い進めていたのもつかの間、
肩ひもに使う綿テープの長さは足りないわ、
それに合うサイズの金具もないわで、途中で中断(涙)

昨日、岡本RickRackから、三宮ユザワヤ、CHECK&STRIPEと
裁縫における王道コースを一人闊歩し、無事資材をゲットしてきました♪
そして、今日という日も変わる頃、やっとできあがりました。

c0145209_11531258.jpg


インディゴと生成りの起毛ボーダーキルティングが眠っていてよかった♪
たぶん長男のキルティングジャケットを作るつもりだったような...(苦笑)
長男の時は、残り数ヶ月の園生活ということもあり、
適当に自分で型紙を起こしましたが、今回はきちんとRickRackの
『ポストマンバッグ』というパターンを使いました。
やっぱり仕上がりはこちらの方が格段上でした(笑)
本体の裏側は、別布を当ててあるので、全体がポケットになっていますが、
その生地は赤耳デニムを使いました。
生地端の赤耳も活かせて、これまた満足でした。

c0145209_1205013.jpg


当初、『Cath Kidston』のカウボーイ柄をメインのバッグにするつもりでしたが、
この生地の組み合わせの方が幼稚園児らしかったかな。
ちなみに、横浜の幼稚園で長男はキャス男でしたが(笑)

c0145209_1202350.jpg


ちなみにシンプルなバッグのワンポイントはただいま家族会議中です(笑)
たかがワンポイント、されどワンポイント。
最終的に選ぶのは次男坊ですが、今のところあれだの、これだの
迷っておられます(苦笑)
さてどうなることやら?


(裁縫の小話)
なんの変哲もないバッグですが、実は自分なりにこだわっているところがあります。
使った裏地は、いつも愛用のC&S11号帆布です。
これを裏地に使うと、とたんにバッグがしっかりするからです。
この生地は、表地でも裏地でも使えるのでとても助かります。

あと、肩ひもに使っている綿テープもコットン100%のものです。
よく似たものはあるのですが、実はアクリル100%ということが多く、
今のところ4cm幅でコットン100%はRickRackでしか見かけてないのです。
なにかと愛用している綿テープなので、どこかに巻きで売っていたら、
大量買いするのですが...。

さらに、この4cm幅の綿テープを使うにあたり、
それに合う金具を見つけるのも、苦労しました。
近くの手芸店では、3cm幅対応のものまでしか売っていなかったのです。
何店か聞いて回りましたが、どこも同じ返事でした。
なので、ユザワヤまで走ることに。
もちろん、ネットではすぐ見つかるとは思いますが...。
とても地味なこだわりでした(笑)



生地:『CHECK&STRIPE』オリジナル起毛ボーダーキルティング(表地)
    11号帆布(裏地)、赤耳デニム(ポケット部分)
副資材:『RickRack』4cm幅綿テープ、移動カン、角カン
パターン:『RickRack』ポストマンバッグ(中)






++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



今日も息子と3人ブラブラ散歩。
午前中には出発し、夙川沿いの桜を拝みに行きました。
お茶とおにぎり、忘れません♪

c0145209_12375916.jpg


c0145209_12383393.jpg


c0145209_12401721.jpg


c0145209_1242642.jpg


c0145209_12393596.jpg


この後、仲良しのD君がお友達と遊んでいるところに合流。
ひとつ年下のD君も、4月からついに小学生。
長男もそれを楽しみにしてました。
今日もまた楽しい一日でした。
[PR]
by il_cutito | 2009-03-30 23:44 | 私のhandmade