24年目の奇跡♪

今日は、昔の職場の先輩ちー様の結婚披露宴でした。
私はといえば、リングピローの重責は果たしていたものの、
元職場メンバー4人での余興が残っているということで、
多少(かなりともいう)の緊張と共に、早々と会場であるホテルに到着しました。
受付に着くやいなや、まず目に飛び込んで来たもの♪
こにの力作『ウェディングランプ』です。
画像ではわかりにくいですが、かなりの大きさです。
材料のすべてを自分で手配し、一から手づくりした新婦たってのお願いの品。

c0145209_020237.jpg


一目見ただけでわかりましたが、大変な作業の連続だったようです。
アクリル板で囲まれたランプ内には、700カラットのダイヤモンドリングが輝き、
(もちろんイミテーションですが...)中空に浮かんでいるというデザインなのです。
細いテグスで、そのリングを四方八方から固定しているという
繊細な仕事だけでも、ため息がでます。
会場に持ち込むだけでも、テグスがはずれないかとヒヤヒヤしながらだったとか...。
長年、インテリアコーディネーターをしているこにだからこそ、
出来得た大仕事ですね。
ちなみに、ちー様も同じくフリーのインテリアコーディネーターをされてます。

そして、もう一人の立役者はまーの力作も見て下さい♪
プリザーブドフラワーで作った新婦のブーケ。
迷いに迷って、結局最後はシンプルに仕上げることにしたのだそうです。
大人のブーケといった感じで、すごく素敵でした♪

c0145209_0483849.jpg


ヘッドコサージュももちろんはまー作。
昔から変わらず、華奢で色白なちー様によく似合っていました。
ほんまにきれいな花嫁やった〜♪

c0145209_0485074.jpg


それはそうと、本日のタイトル。
一体どんな意味が?
そう...そのままなんです。
実は、新郎のMさんと新婦ちー様は、とある高校の男子バレー部で
初めて部員、マネージャーとして出会ったそうです。
それから、早24年共に元同じクラブの仲間として、普通に接してこられたそうです。
が、しかし!
昨年、奇跡が起こり、結婚を視野に入れたおつきあいが始まったのだとか!
さらに驚きなのが、実は新郎のMさんは高校生の時から
ずっとちー様が好きだったのです。
なんて長い片思い...。
超遠回りだったMさんの片思いが、やっと24年目に実りました。
最高の誕生日プレゼントだったことでしょう。
実は、本日Mさんの◯◯歳の誕生日だったのです。
遠回りした二人の奇跡に、今日はただただ酔わせてもらいました。
Mさん、ちー様、今日は本当におめでとう。
これからも末永くお幸せに♪

最後に、緊張していた余興ですが、なんとかやりとげました♪
本番では、ちょっとしたトラブルに見舞われ、あたふたした場面もありましたが、
みんなの団結で、乗り切れたかな。
今回は、みんなで力を合わせ、作り上げた素敵な披露宴だったなあと思います。
ちー様のおかげで、みんなで楽しく過ごせる時間をもらえたことに感謝です。
さて、余興も無事終わったことだし、今度はみんなで打ち上げに行くぞっ!



いいものおいしいもの。一日だけの小さなお店
2009.7月7日(火) open 10:30−15:00 雨天決行
[PR]