こちらも洗ってみました

先日のこちらに引き続き、パラフィン加工帆布のmacaron bagも
洗ってみることに。
il cutito で使用しているパラフィン加工帆布は、
独特の質感ができるだけ長続きするよう、
なるべく洗わないようにご案内しております。

ですが、昨年11月から愛用しているこのYELLOW macaronに、
先日、クレヨンの汚れがついてしまいました。
もちろん、犯人は誰かわかっています...。

macaron bagをお買い上げいただいた方にも、
もし汚れてしまった時、洗うとどうなるのか気になってる方がいらっしゃるかもと、
一度試しに洗ってみることにしました。

c0145209_15135770.jpg


中性洗剤を使って、洗濯桶で洗いました。
一番汚れやすい持ち手は、たわしでゴシゴシ洗いました。
脱水は手に持って、グルグル振り回しただけですが、
よい天気だったので、十分乾きました。
もっと丁寧にするなら、軽く水を切った後(絞らずに)、乾いたタオルを押し当て
水分をできるだけ吸収してから陰干しします。
そして、半乾きのうちに形を整えるのがコツです。
洗濯機の脱水は、しわがひどくなるので、おすすめできません。

c0145209_15214513.jpg


上の2つの画像は、乾いた直後の様子です。
前回同様、洗濯のりをつけて、仕上げたこともあって、
ガサッとした手触りとなり、なかなか好きな感じになりました。
もちろん洗うという行為によって、パラフィン加工独特の質感が薄れたり、
生地が締まったり、多少なりとも色が褪せたりということもございます。
さらに、染み付いた汚れやこすれて白くなったところも、完全には落ちません。
ですが、すっきり気持ちよく使えるのは確かですね。

汚れも色あせも味わいになるという帆布の長所をふまえると、
なるべく洗わず、さんざん使い込んで、パラフィン加工が取れ、
なじんでから洗うというのがベターではないかと思います。



『il cutito news』UPしました→
本日、4月オーダー分を発送しましたので、ご確認くださいませ。






++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



午前中いっぱい、オーダー分の発送作業に追われていましたが、
昼過ぎには、なんとかすべて完了しました!
達成感でいっぱいです。
その時、すでにお腹はグウグウでした(笑)
そこで、今日は先日作って以来、はまってしまったあのパスタを作ることに。
『塩昆布とキャベツのパスタ』です♪
先日、京都通のmakiちゃんからいただいた五辻の昆布『まぜるだけ』がここで大活躍。

c0145209_1613724.jpg


<作り方メモ>
パスタを茹でてる間に、フライパンにごま油、バター(不可欠です)を溶かし、
キャベツを軽く炒めておく。
そこに、茹で上がったパスタを一気に投入、合わせて塩昆布も!
塩昆布は、途中味を見ながら少しずつ足して行くとよい。
ちょうどよい味になったら、黒胡椒をガリガリひいたものも
プラスして、出来上がり!
かつおぶしはあってもなくてもよい。
炒める時、パサパサしないよう、ゆで汁を少し足すのもお忘れなく♪

先日は、キャベツのかわりにレタスでもやりました。
個人的には、歯ごたえもさることながら、
炒めるとほんのり甘くなるキャベツに軍杯。
おいしい昆布だからこそという声もありそうだけど、フジッコの塩昆布でも
十分ではないかと踏んでいます。
主婦の一人ランチにもぴったりなのです♪
[PR]