IKEA ゲートレッグテーブル

先日IKEAで購入した家具をJさんに組み立ててもらいました。
もともと自分でも木工作品を作るのが趣味のJさん。
いろいろパーツの多い家具でしたが、1時間ちょっとで仕上げてくれました♪
それがこちら。
ゲートレッグテーブルといいます。
ずっとずっと欲しかったもの。
gate leg(ゲートレッグ)という名前の通り、扉のように開いたり閉じたりする足で、
テーブルのサイズを変えることができるのです。
ちなみにこちらは、テーブル面をコンパクトに畳んだ状態。

c0145209_12272478.jpg


まずは、一つ目のテーブルを開きます。
小物の裁断なら十分可能なサイズです。
もちろん、ミシンを置いて縫うことも。

c0145209_12302582.jpg


次に反対側も開きます。
この場合、テーブルの向きを変える必要がありますが、
簡単に変えることができます。
こんなに大きくなりました♪

c0145209_12371220.jpg


本来ならば、カトラリーなどを収納するための引き出しには、
il cutitoで使う細々した資材を入れています。
合計6つもあるので、たくさん収納できて、助かってます。
裁断済みのdocodemo pocketがちょうどよく入った時には、
思わずニンマリと笑ってしまいました♪

c0145209_12534912.jpg


帆布を使った作品には、なにかと手のかかることが多いのですが、
やっぱり大変なのが裁断です。
長さのある帆布を折ったり畳んだりするためには、大きなスペースがいるのです。
今までは、我が家で一番大きいダイニングテーブルを使っていましたが、
家族が使っていない時を見計いながらの裁断は、いろいろと苦労がありました。
でもこれからは、もう大丈夫。
自分の好きな時に裁断できます。
まずは、お預かりしているリバティから裁断しよう♪

c0145209_1248496.jpg

[PR]