シロフォンさんちの秘密基地

今日は、朝からシロフォンさんとお約束。
といっても、午前保育の幼稚園児をかかえる私たちの時間はお昼まで。
どこぞやで、モーニングでも食べながら、のんびりおしゃべりの予定でしたが、
シロフォンさんの提案で行き先変更となりました。
その行き先というのが、シロフォンさんちの秘密基地だというのです♪
なんともワクワクしました。
シロフォンさんちから歩くこと、5分少々。
こんな山道が現れます!
とことこ歩く。

c0145209_21333324.jpg


とことこ歩く。

c0145209_21332065.jpg


到着しました。
シロフォン家のプライベートリバーです(ウソ)♪

c0145209_2134357.jpg


ご存知、夙川の上流にあたるのですが、水がきれいで、
誰もいなくて、本当に気持ちが安らぎます。
自分の住んでる近くに、こんなところがあったことに、しばし感動...。

c0145209_2139330.jpg


小さなカニやエビ、めだかなどなどいろいろな生き物がいるとのことでしたが、
私は見つけることができませんでした。
シロフォンさんは、小さなメダカの赤ちゃんを見つけてましたがね(さすが)。

シロフォン家の男子。
柴犬のりゅうもいっしょに来てました。
シロフォン家の3人兄妹とりゅうは、いつもここで散歩したり、
遊んだりしているのだそうです。
すごくうらやましい環境です。
ジーンズを膝まで濡らし、童心に帰った私でした。

c0145209_21295100.jpg


家族の大事な秘密基地を教えてくれてありがとう。
夏休みは、息子たちもいっしょに遊んでやってね♪

c0145209_21464348.jpg


明日、明後日とシロフォンOPENしています♪
どうぞ皆様、遊びにいってくださいね→






******************************************************************************



シロフォンさんちのりゅうを見たとき、ミックスの子かと思いました(笑)
でも、よくよく聞いてみると、血統書付きの柴犬でした。
彼は生まれてから、シロフォン家に来るまでの6ヶ月間、なかなか買い手がつかず、
ペットショップの小さなケージに入れられて、とてもつらくて悲しい思いをしてきたそうです。
それを見かねたシロフォン家が、救い出すべく、買い取ったのだそうです。
その時、りゅうはガリガリにやせ細っていたそうです...。
最初は人間不信で、どんなに愛情をかけてやっても、噛み癖がなおらなかったり、
寂しい気持ちになったそうですが、少しずつ回復していったのだとか。
今日も、初対面の私の耳を舐めたりして、うれしそうに語りかけてくれました。
勝手に想像(笑)

c0145209_2255018.jpg


誤解も覚悟でいうと、私もいつか犬や猫との生活を夢見ていますが、
お金を出して、買うことはしないと決めています。
不幸な子だったり、なにかしらのご縁があったりした子だけ、
我が家の家族として受け入れるつもりなのです。
私の実家でいっしょに暮らした犬や猫がそうだったからです。

でも、こんな形もあるのだなあと思ったのでした。
いずれにしても、りゅうがこうして健康になり、家族みんなに愛され、
幸せになれてよかったとしみじみ思いました。
[PR]