おみやげあれこれ

長い旅行のおみやげあれこれ。
お手頃だけど可愛いかったり、おいしかったりするものばかり
買ってみました。

<鎌倉のおみやげ>

『cafe vivement dimanche』にて、SHOPオリジナルのグラスとハンコ。
アイスコーヒーを入れたら、コーヒー豆の柄が消えて、飲む程にまた柄が現れるんです!
と説明されましたが、たっぷりミルクのカフェオレしか飲まない私は、
いつも柄が丸見えです(笑)
もちろんこれは、撮影用で、その後ミルクを入れて飲み干しました!
コーヒー豆のハンコは、お手紙に押したり、いつかシンプルなティーマットを
作ったら、押すつもり。
そう、いつか...。

c0145209_955553.jpg


鳩サブレで有名な豊島屋本店では、来店した人しか買えないという鳩サブレグッズから『油取り紙』。

c0145209_9271548.jpg


油取り紙自体にも、鳩ちゃんがうっすらと透かしで入っているのもgood♪
他にもクリップやらなんやらと可愛いグッズがありました。

c0145209_9282354.jpg


ろみさんのお店『ロミ・ユニ・コンフィチュール』では、小さな焼き菓子を。

c0145209_933015.jpg


<横浜でのいただきもの>

編み物上手のyukaちゃんからは、リネン糸のミニバッグをいただいた♪
とても可愛らしいデザインなのです。
内袋を付けた方が、丈夫になっていいのではと言われているので、
型をとって、つけるつもりです。
yukaちゃん自身のもの(右下)も付けてあげると持ち帰っていたりします(汗)
もう少し待っててね!

c0145209_9402144.jpg


coronちゃんから、ムーミンのマグカップを♪
こちらのマグカップについての詳細はこちらの記事を→
昔と違って、カップのサイズもデザインも微妙に変わっていたので、びっくりでした!
私が好きだったことを、覚えててくれたのがうれしかった〜♪

c0145209_9355681.jpg


<東京のおみやげ>

根津は『金太郎飴』から、げんこつ飴とあんこ飴。
ちなみにげんこつ飴は、水飴ときな粉からできていて、なんともいえず素朴な飴です。
息子たちの一押しです。

c0145209_953267.jpg


そして、あんこ飴はシンプルで柔らかい飴の中にあんこが入っていて、
夏場はちょっと粘つくものの、冷蔵庫にいれておけば問題なし。
甘くて、素朴で、気がつくとたくさん食べています。

c0145209_9535844.jpg

c0145209_9533197.jpg


そうそう金太郎飴といえば、ひとつ小話が。
mihoの義理のお母さんが昔なじみのお知り合いだったことが判明。
mihoの嫁いだ先が、昔からお商売をしておられることでのつながりだそうです!
「根津でこんな飴買ってきたよ!」とmihoの子供達に渡していたら、
お母さんが「あなた、それ知り合いのお店よ!言ってくれたら
いつでも配達してもらえるわよ。」とおっしゃって、びっくりしたのでした。
そして、恥ずかしながら、先日銭湯で忘れ去った洋服がmihoから届いた時、
今や我が家の大好物げんこつ飴とあんこ飴まで入っていたので、
もしかしてわざわざ配達してもらったのかも...とさらに恐縮した私でした。

染物屋の『丁子屋』では、次男坊セレクトで手ぬぐいを記念に買いました。
ここ数年、ハンカチやタオルハンカチの類いを持ち歩かない代わりに
手ぬぐいがハンカチがわりです。
なので、手ぬぐいだけは何枚あってもかまわないのでした。

c0145209_1082037.jpg


ここで、さらに小話が。
またmihoの義理のお母さん話です。
私が「手ぬぐいが好きなので、こんなの買ってきました!」と見せていたら、
「あなた、手ぬぐいが好きなの?おもしろい子ね。おしゃれな手ぬぐいなんかは
持ってないけど、こんなのならいっぱいあるからあげるわよ!」と3枚もいただいた。
なんとも渋い柄です!
東京の下町でずっとお商売をされているからか、いまだにご近所では、
なにかのお祝いごとやご挨拶ごとがあったりすると、手ぬぐいが配られるそうです。
なので、おうちは手ぬぐいだらけなんだとか!

c0145209_10135848.jpg


mihoのお母さんは、私の想像する江戸っ子的な方で、
サバサバしてるのに、人情深く、懐深い粋な方でした。
嫁のmihoとも、いい具合の距離感で、勉強になりました。

さて、谷中の『いせ辰』では、時間もないのに千代紙を。
だけど、我ながら可愛い柄を見つけてしまった♪
大好きなちょうちょ柄を2枚。

c0145209_102723100.jpg

c0145209_10304644.jpg


ちなみに、こちらは横浜時代にいせ辰へ立ち寄った時、買った千代紙。
手前の鹿の柄が、一番のお気に入りです。
額に入れたら可愛いと思いながら、早数年...。
そろそろ額を買いに行かないと(苦笑)

c0145209_1031439.jpg


最後に、安田商店で選んだ帆布がこちら!
今年の夏、なにかと気になった2色です。
スカイブルーときれいなグリーン♪

c0145209_10371499.jpg


今年買ったfogのリネン服が同じようなスカイブルーで、とても気に入って着ていました。
お店でもたまたまその洋服を着ていたら、店主さんに「あなたはこの色が好きなのね」と
言われたぐらい(笑)
そして、グリーンはもともと大好きな色。
こんなカラーリネンが見つかれば、即決だったのですが、
ここまではっきりとした色はさすがに見つかりませんでした。

c0145209_10403668.jpg


帆布の裁断方法もユニークでしたが、裁断後の包装もユニークでした。
こんな風に長いナイロン袋に入れてくれるのです♪
シワがつかないようにとの配慮ですね。
いいアイデアにたいそう喜び、勇んで帰路につくものの、
帰りの新幹線のことが頭によぎりました。
荷物がかさばるからと、カゴをあきらめたのに、この帆布の長いこと長いこと...(苦笑)

そして最後は、おみやげというより、谷根千散策で役立ったもののご紹介。
ことりっぷ『東京さんぽ』編。
これを見ながら、なんとはなしに歩いてるだけで楽しかったです。
ちなみにこの『東京さんぽ』には続編の『もっと東京さんぽ』が出ています。
こちらもちらりと立ち読みしたけど、おもしろそうでしたよ。

c0145209_10454440.jpg


そして、しおり代わりにはさんでいるのは、安田商店でもらった会員証。
一度でも安田商店に行って、買い物すると、この会員証がもらえて、
次からは通販であっても、少しだけ割引してもらえるのです!

旅行の醍醐味におみやげを買うということがあります。
帰って来てからも、それを食べたり見たりすると、楽しかったことが
いろいろと思い出され、うれしくなるのです。
今は通販があって、うちにいてもなんでも買える時代です。
でも、自分の足でお店に向かい、自分の目で見て選んだものには、
どれにも全部、思い出があります。
値段なんて関係ありません。
だからおみやげって、おもしろいのです。
[PR]
by il_cutito | 2010-08-08 23:00 | 雑貨