和菓子作り体験教室

今日は、急に思い立って『西宮和菓子まつり』に朝から行ってきました。
もともと我が家の長男は、無類の和菓子好き。
十中八九喜ぶだろうし、さらにはこんな特典もあったからです。
『和菓子作り体験教室』。
先着順で、西宮にある和菓子店の職人さんに和菓子の作り方を
無料で教えてもらえるというものでした。
運動会の疲れを感じながらも、なんとか朝イチ会場へと馳せ参じることに。

がんばったかいあって、なんとか第2回の教室を受けることができました。
今回教えて下さったのは、阪神西宮駅に程近い『君栄堂本舗』の木地孝昭さん。
とても丁寧に教えて下さって本当にやさしい方でした!
作ったのは『乙女菊』という上生菓子。
最初に配られたピンクの練切あんとこしあんが、あれよあれよという間に、
可愛く仕上がっていくんですよ。

c0145209_22264246.jpg


兄弟で協力してがんばっているところ。

c0145209_22313581.jpg


三角べらを使って、模様を付けている長男。
『和菓子のほん』という絵本(虎屋監修!)を携え、参加した息子は、
この器具の名前をすでに知っていました。
私はもちろん知りませんでしたが...(苦笑)

c0145209_22344565.jpg


花の中央のくぼみが出来上がりました。

c0145209_22385220.jpg


そして、最後の仕上げは花びら部分。
竹串を使って、5歳の次男坊もなんとか一人でがんばりました♪

c0145209_22401758.jpg


そして、出来上がったのがこちら!
左が長男、右が次男坊。
長男が作った方は、なかなかの出来でした♪

c0145209_22405747.jpg


みんなその場ですぐに食べていましたが、長男はもったいないから、
うちに帰ってから食べるといいました(笑)
でも、きれいなお皿に乗せると、確かに和菓子も映えますね。
左のなでしこは、教えて下さった木地さんに長男が改めてお礼を言いに行った時、
そっと(こっそり?)手渡してくれたものです。
長男の和菓子への愛が伝わったのかもしれません(笑)

c0145209_22432911.jpg


そしてこちらは、長男に500円玉を手渡し、
自分で好きな和菓子を選んで買っていいよと言ったところ、
彼が選んできたもの。
『あおやま菓匠』の桔梗とお手玉♪
和菓子って本当にきれいですね。

c0145209_2255097.jpg


そうそう。
『あおやま菓匠』の若旦那らしき方もとてもいい方で、長男が和菓子について
語っていると、練切あんも、前日に必要な色を連絡すれば、量り売りしてあげるから、
またおうちで作ったらいいよと言って下さってました。
これほどまでに、和菓子好きの子が珍しかったのでしょう(笑)

そして、次男坊が選んだのは『寒花糖(かんかとう)』。
日頃お世話になっている『翁菓舗』の特選銘菓です。
原材料は、砂糖、寒天、和三盆糖、ペパーミントとシンプルで、
甘すぎず、飽きることなく食べることができます。
彼いわく『シャリシャリしたやつ』は、本当にいい表現で、
シャリッとした食感がおいしさをさらにそそるのです。
こちらも、きれいな和菓子ですね。

c0145209_23112389.jpg


洋菓子で有名な西宮にも、長年親しまれてきた和菓子店が
いろいろあることがわかっただけでも、今日は収穫だったと思いました。
それにしても、長男の和菓子好きはちょっと驚くほどのものだったのですね。
今回の和菓子まつりを主催された方たちにも、いろいろと質問されていた長男を見て、
ふと思ったのでした(笑)
[PR]