卒園しました。

今日は次男坊の卒園式でした。
我が家の幼稚園通いも今日でおしまい。
楽しい思い出をたくさん胸にしまい、新しい一歩を踏み出しました。

c0145209_18121377.jpg







************************************************************************



3年間過ごした大好きな幼稚園も今日で最後。
朝、家を出る前、次男坊は「ちょっと緊張するなあ...。」と言いました。
式が始まり、一番最初の女の子が入場しただけで、私は涙を浮かべていましたが、
当の本人、次男坊は終始、口元をキュッと引き締めて、修了証書をもらったり、
歌を歌ったりしていました。
時折、目元が光ったように思いましたが、結局、最後まで涙を見せず、式を終えました。
教室に戻り、先生と最後の別れをした後、園庭を一人ずつ行進するところを、
みんなで見送るまで、ずっと笑顔を見せませんでした。

やっとすべてが終わり、みんなでそれ写真だ!という時、
私も次男坊に写真を撮ろうというと、またしても笑顔すらなく、不機嫌そうな顔に...。
あげくのはてには、「早く帰ろう。」と言いました。
これには、私もJさんも頭にきて「今からやっと写真がいっぱい撮れるのに、
幼稚園も最後だからもう少しいようよ。」と言って聞かせましたが、
頑固者は聞きません(この幼稚園では、卒園式の間はビデオ、カメラが禁止なのです)。
やっとのことで、何人かのお友達と写真を撮り、園長先生、担任の先生と
写真を撮っていただき、もうあきらめて帰ろうと決めました。
なんでこんな日にへそを曲げるかなと、ため息ばかりの父と母でした。
門を出て、いつもお世話になっていたガードマンさんに最後のお礼を言い、
少しづつ幼稚園から離れ、やっと3人になれた時、次男坊が大きな声で泣き出しました。
しゃくりあげて、声をかけられないぐらい、大声で泣きました。

そう。
ずっと我慢していたのです。
みんなの前では、涙を見せたくなかったのかもしれません。
だから、早く幼稚園から帰りたかったのでしょう。
結局、帰り道はずっとJさんと手をつないでもらいながら泣き続け、
家に着いてからもずっと号泣していました。
「T先生に会いたい。学校なんて行かない。幼稚園が一番好き。」と...。
小1時間ほど泣いていたでしょうか。
帰宅してすぐに、Jさんは出張に向かったし、私は私でずっと膝に抱いて泣かせていたしで、
お昼ごはんもありません。
次男坊と私のお腹が揃って、グウっと鳴りました(笑)
やっとそこで、「お腹が空いたから、マクドナルドに行きたい...。」と一言。
もちろん、二人でいっしょに行きました。
しっかり食べて、お腹もいっぱいになった帰り道。
赤信号になった時、ふと車の後部座席を見ると、グッスリ眠ってしまった次男坊がいました。
朝から緊張して、がんばって、寂しいのを一人でこらえて、
爆発させて、ホッとしたんでしょうね。
家に着いて、次男坊を布団に寝かせた後、今日一番で私が泣けてきました...。
小さな体で、いろいろなことを感じ、大好きな幼稚園に別れを告げたんだなあと。
ひねくれぼうやの最後の涙を、お父さん、お母さんは絶対に忘れないからね。
卒園おめでとう!
大好きな幼稚園のことをこれからもずっと忘れないで下さいね。

c0145209_16582939.jpg

[PR]