『ラ・ドログリー』で

3連休を利用して、引っ越し後初めてゆっくり私の実家の宇治へ遊びに行きました。
実家のそばに住んでいる姉親子にも会えるので、我が家の息子達は大興奮でした。

でも、興奮するのは私も同じなんです。
3つ上の姉とは、お互い口も悪いのでよくけんかもしますが、基本的には仲が良く、好きなものも似ているので、いつも彼女の家に行くと、気になるものをたくさん発見します。今回もいろいろあったけど、一番気に入ったものはこちら。

c0145209_615957.jpg


これらは姉がドログリーで買ったモチーフでつくったブローチです。
中には、もともとキットのものもあるみたいだけど、一番大きいブローチは、姉が一から自分で選んで作ったものだとか。

すばらしい ♪
このまま欲しい〜!私は縫い物は好きだけど、こういう工作調のものはどちらかというと苦手なので、ほんとうにうらやましい...。そして、さらに私が釘付けにされたのがこちら。

c0145209_6215316.jpg


姉が編み物の達人に編んでもらったというニットケープ3枚!!
これもドログリーで毛糸を買ったときにもらった編み図で編んだものだとか。

「ブローチにぴったりやん。1枚ちょうだいや。」と言いましたが、聞き流されました(笑)。試しに羽織らせてもらったけど、肩にこれが1枚あるだけですごく暖かいし、着慣れた洋服がまたいつもと違う感じになるのもよかったです。

ほんまにくれへんのかなあ(笑)。



+++++++++++++++++++++++++++++++++


c0145209_6322085.jpg


宇治の実家には、今年で15歳になるダックスフントの『タロウ』がいます。
姉が大学生の時に、友人宅で生まれたタロウをもらってきたのですが、早15年も経ったのですね。
ほんとに長いつきあいです...。

体には、白い毛もいっぱい交ざってきましたが、まだまだ元気にしています。
ふつう老犬にもなると小さな子供はうるさいしまとわりつくので、すごくいやがるらしいのですがタロウは今だに子供が好きみたいです。
一番ややこしいさかりの次男坊とも、もみくちゃにされながら、いっしょになって遊んでくれます。

どうかこれからも元気に長生きしてほしいと願うのは家族一同みな同じです。
横浜にいた3年間もなんとか乗り越えてくれました。
どうぞこれからも元気で長生きして下さい ♪
[PR]