靴箱の話

昨晩、携帯にメールが来ていました。長男が、横浜の幼稚園で最後に過ごした『つばめ組』でお世話になった仲間のママからでした。

ブログ見せてもらったよから始まり、先日の音楽発表会では想像以上の素晴らしい出来に一同感動し、皆で立ち上がり拍手喝采だったこと、そろそろ卒園準備が始まりつつあることなど...。

その中で最後に「ちょっとうれしいことがあったのよ...。」と記されていたのは、実はまだ長男の靴箱が『つばめ組』にちゃんと残ってて、それはみんなで一緒に卒園するってことなんだって...と。
ほんとにうれしい知らせでした。知らせてくれてありがとう。

長男にも話すと、下の歯がやっと1本グラグラしてきた長男は「そしたら、今度N幼稚園に行ったら、抜けた歯を靴箱に入れる〜!」と喜んでいました(笑)。
歯が抜け始めている友達がうらやましくて仕方がなかったみたいで、すごくうれしそうです。
でも悪いけど「靴箱に歯なんていれんといてや〜。そんなんやったら、私がもらうわっ!」(親バカ)。

c0145209_11464087.jpg

幼稚園とお別れするときに、長男も私もたくさんの人にお手紙やカードを頂きました。これは、その中の1枚です。
メールをくれた人とはまた別ですが、同じく『つばめ組』のママからです。
あまりに可愛らしいカードなので、いつかみんなに見せたいと思ってました。
これは本人いわく、私の影響で始めたというお裁縫の自分の作品をミニチュア化して作ったカードだとか。
このアイデアに脱帽です♪
[PR]