鍋をかこみ...

今日は、裁縫のお師匠さんfujijiから『鍋パーティー』の誘いがあり、姉親子、kataさん親子で伺いました。fujiji宅はいつも気になるものがあふれかえっている上に、黒ラブのハリー(1歳半)もいるので、大いに楽しみにして伺いました。ハリーはただいま人間で言うと高校生ぐらいらしく、あふれんばかりの若さと元気さで私たちを迎えてくれました♪

c0145209_227449.jpg


そして、何より楽しいfujijiの持ち物チェック!
今日もネタがありすぎて次回に持ち越し続出でした(笑)。今日は、とりあえず彼女の大切な北欧のヴィンテージ食器の中で『グスタフスベリ』のものをチェック。

c0145209_22163329.jpg

『Emma』のプレートとカップ&ソーサー。
今はダークグリーンのカップ&ソーサーを探しているんだとか...。素敵だわ〜。

c0145209_22173271.jpg

『BORO』のプレートは可愛らしくて、見ているだけでもほのぼのしました。

c0145209_22174877.jpg

最後に『PYNTA』のプレート。『PYNTA』とは飾るという意味なんだとか...。
どれもこれも初めてみる柄なのに、記憶に残る素敵な柄で北欧の食器ってすごく奥深いんだなあと感じました。fujijiには、これからもいろいろ教えてもらわないと...。
ハンドメイドの新作もいっぱい見せてもらったけど、載せきれませ〜ん。これはまた次回やね。

そしてこれだけ楽しいメンバーが揃うと、話題も豊富で大変でした。裁縫話やおいしいものの話はもちろん、それぞれのすべらない話など(今回のお笑い大賞は、ダントツ姉でした)、次々に飛び火しました。そしてfujiji特製の寄せ鍋で掘りごたつ(fujiji宅は古くて味のあるお宅なので、なんと掘りごたつがあるのです)を囲み、心から和んだ一日でした。
もちろん子供達も、大はしゃぎでした。母も楽しけりゃ、子供も楽しなんですね。
次回は、我が家で新年会しよな〜。




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

そして今日は、実の父の誕生日です。68歳になりました。
木の研究に没頭し、今だ現役で走り回っている父は、今日も四国で仕事をしていたとか...。
若かりし頃、木の魅力に取り付かれて以来、ずっと真剣に木と向き合ってきた父が、これからも生涯をかけて、自分の想いを貫くという姿勢に、いつも驚きと尊敬を感じています。

そんな父は、私や姉、弟にとても大切なものを残してくれています。それは、父が私たちのためにと作ってくれた木のおもちゃ『オータン』です。

自分の研究のかたわら、幼い私たちのためにと作り続けてきてくれた木のおもちゃでしたが、今ではこのおもちゃに魅力を感じてくれる人たちのためにも作っています。

最近、この『オータン』に同じく魅力を感じてくれた姉の友人Kちゃんが一生懸命『オータン』のHPを作成してくれました。Kちゃんいわく、まだまだ未完成だから...とのことだけど、『オータン』に込められた父の想いをよかったら、見て下さい。

c0145209_23503661.jpg


これは『アトリエ・オータン』のロゴマークにもなっているめんどりとひよこです。私はこの親子が大好きなのです。

かなりいい年になってきた父ですが、やりたいことや夢は誰よりも大きいみたいです。私は、なにも力になれないけど、陰ながら応援ぐらいはさせてもらおかな。
[PR]
by il_cutito | 2007-12-26 23:50 | おでかけ