クラシックブラウス

一目見たときから、作ってみたかった『polka drops』のクラシックブラウス
大好きなリバティの中でも、ひときわ気に入っている『Poppy&Daisy』の新定番色グリーンを惜しげもなく使って、仕上げました(ほんとは惜しかった)♪
今年の『ハグオーワー』の春夏物にも、使われてましたね。

c0145209_21314257.jpg


このブラウスは、自分なりにですが、ちょっとしたハードルを越える代物となりました。
ひとつめは、ボタンホールをつけたこと。
ふたつめは、自分の着用姿でUPしたこと(笑)。

恥ずかしながら着用姿で登場の理由は、着てみた方がこのブラウスの良さが伝わりやすいかなと思っただけなんですが(笑)。

そして、初めてのボタンホールは母のコンピューターミシンを借りて仕上げましたが、ほんとにきれいにできますね。
実は、我が家で酷使しているミシンは、母が嫁入道具として持たせてくれたピカイチ事典の『山崎範夫のミシン』なんです。
これでも、十分すぎるぐらいにいろいろ作れるのですが、電子ミシンなので、ボタンホールに関してはコンピューターミシンには到底かないません。
なので、今回はほんとに借りてよかった♪
既製品のような仕上がりでした。またボタンホールの時は、貸してね〜。

c0145209_21454745.jpg


そして今回、苦労もたくさんしてます。
最初、白リネンのヨーク部分にはテキスト通りピンタックを施すつもりで、3時間以上かけて必死にミシンをかけ続けました。
自分なりに丁寧にしたつもりでしたが、どのパーツもすべてタックが少しづつずれてました...。
自らの苦労と過ぎ去った貴重な時間を思うと、猛烈に腹が立った私は、その場でヨークを投げ捨ててしまいました...。
最低の気分でした。

その後、なんとか気を取り直して、リバティのような柄物にはシンプルが一番と思い直し、ピンタックなしのデザインに変更しました。
結局、出来上がりを見たら、この方がしっくりきていたので、『けがの功名』だったのでしょう。

c0145209_2224320.jpg


いろいろ初挑戦のこともあり、たくさんの苦労もありで、出来上がった時は、久しぶりに大感激でした。
こんなに苦労したので、さすがに次はスムーズにできるだろうと、次なるリバティの妄想だけは、すでに出来上がってます(笑)。
熱が冷めないうちに、また挑戦したいと思ってます。



生地:リバティ『Poppy&Daisy』
   『CHECK&STRIPE』オリジナル幅広リネン(ホワイト)
ボタン:fog シェルボタン10mm
パターン:『polka drops』クラシックブラウス





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



実はこのブラウス、先週の金曜日には出来上がってました。
でも、今日までUPできなかったのは、これがなかったからなのです。

c0145209_22143249.jpg


fog』のシェルボタン10mm。
このセットを見て、わかるように元々4つセットなのです。
なにかに使えるかと、ずっと前から置いてあったボタンがやっと活かされたのですが、いかんせん1つ足りなかった...。

最初は、そこいらの雑貨屋ですぐにみつかるだろうと高をくくっていたのですが、行くとこ行くとこすべてありませんでした(いかにもありそうな雑貨屋さんばかりだったのに...)。
そして、ついにしびれを切らした私がネット発注して、やっと今日届きました。
次回のために、多めに頼んでおきました(笑)。

特別、取り立てて目立つところのないこのシェルボタンですが、実際に付けてみるとほんとにいい感じになるのです。
ボタンの色が、やさしいからかな。
これは、本当におすすめのボタンです。
[PR]
by il_cutito | 2008-06-07 23:02 | 私のhandmade