みんな違って、みんないい

いつかの日記に、甥っ子Sがおじいちゃんから『アトリエ・オータン』の黒いひよこをもらったということを書くと、ひよこにもいろんな種類があるんだねとオータン好きの友人からメールをもらいました。
その時、いろんな色のひよこをちょこちょこ並べるのも可愛いだろうなと思いました。

そのことを先日、父に話すと「それなら、これを友達に見せてやったらいい。」とたくさんのひよこを持って帰ってきました。
ずっと預かったままだったのですが、せっかくなのでこの場を借りて、紹介させてもらうことにしました。


『ケヤキ』
c0145209_16555632.jpg


『ブナ』
c0145209_16591958.jpg


『サクラ』『イヌシデ』(左から)
c0145209_16595515.jpg


『ローズウッド』『紫檀』(左から)
c0145209_171634.jpg


この中で、一番色の違いが楽しめる『ローズウッド』や『紫檀』はいまやとても貴重な木になってしまったそうです。
父曰く、同じ『ブナ』であっても、木の部位によって木目や色が少しづつ変わるので、それだけでも色の変化が楽しめると話してました。
うんうん、確かに♪

個人的には、『サクラ』のなめらかな木目とやわらかい色が一番いいなあと思ってます。
でも、なんといっても、それぞれにそれぞれの良さがあり、一つとして同じものがないというのが、木の良さではないでしょうか?
『みんな違って、みんないい』ですね。
[PR]