まさこさんのスモックチュニック(綿ローンレース)

この週末、我が家に遊びにきていた姉に「これ見てくれる?」と見せてもらったのがこちら。
LEEの付録として付いていた『伊藤まさこさんのおさいほうBOOK』からまたまたNO.4のスモックチュニックです。
も、友人(toriKさん)もこぞって作っている良いパターンです。


c0145209_2324580.jpg


今回は『CHECK&STRIPE』で購入したという綿ローンレースのベージュを使ってました。
伊藤まさこさんの『Robe rouge』が出た時に、その本の中でも登場した生地です。アパレルでも大人気でしたね。

姉が作ったにしては、いつになく仕上がりがきれいなのと、レースのサークル柄が気持ちいいぐらいに柄合わせされているのに、感心していたら、なんと「お母さんが作らはってん!」と言われました。
やっぱりね。
あまりにも仕上がりが、良すぎると思いました(笑)。

私の実の母は、私たち姉妹が小さな頃は、いつもお揃いの洋服を作ってくれていた洋裁、編み物なんでもござれな人なのです。
今回も母なりに、いろいろ工夫を凝らしていたようです。
用尺が足りなかったので、身頃の幅を少し縮めたり、袖を5cmほど短くしたり、裾や袖口などの柄合わせにも相当気をくばったんだとか。

そして今回は母に続き、さらに影の立役者がいます。
それは、姉の友人であり、私の裁縫仲間の一人makiちゃんです。
この生地、このパターンで作るのはすごく可愛くてよかったのですが、最後の仕上げで襟首にゴムを通したら、ベージュの生地に対して、レースの間からのぞく白いゴムがかなり目立ってしまったようです。
なんだか格好わるいと嘆いていた姉に、makiちゃんから「ゴムだけ、紅茶染めにしたらいいねん!」と驚くべき助言をもらったんだとか。

c0145209_23225028.jpg


わかりますか?
よく目を凝らさないと、わからないぐらいベージュに馴染んでると思いませんか?
makiちゃん、ほんまめっちゃいいアイデアやわ♪
こんな風に、あきらめず美しい仕上がりを求めるという姿勢が私は大・大・大好きなのです。
ほんと、今回の影の立役者だわ〜。
次回、makiちゃんとの手芸部を、今から楽しみにしてます!
[PR]