円盤付き万華鏡

今日は、甥っ子が夏休みの工作に『万華鏡』を作るというので、長男にも材料を分けてもらい、いっしょに作らせてもらうことになりました。

カッターナイフを駆使する段階もあったので、Jさんと宇治のおばあちゃんの手助けを受けながら、二人で一生懸命作りました。
そして、こちらが長男の完成作品です。
周りに千代紙を張ったりして、なかなかきれいに仕上がってます♪

c0145209_21591884.jpg


この万華鏡はよく見かけるタイプと違い、先細りになった本体の先に円盤がついている『テーパード・ホイルスコープ』と呼ばれるものです。
円盤には、身近にあるボタンやスパンコール、おはじき、千代紙などを張って作ることができます。
ちなみに3つの円盤のうち、右下が長男作品で、残りが甥っ子作品です。
やっぱり甥っ子は3年生ですね。
長男がやっとひとつ作り上げている間に、2つも仕上げてました。
円盤は、簡単に付け替える事ができるので、いろんなパターンが楽しめるのです。

c0145209_22162986.jpg


さて、出来上がりをのぞいてみましょう!
先についている、円盤をクルクルと自分で回して、見るのですが...。

c0145209_22351186.jpg


こんな風に見えるんですよ。
すごくきれいだったので、「見たい、見たい!」とみんなで取り合いになってしまいました(笑)。
おそらく、一番大騒ぎしていたのが私...。

c0145209_22242680.jpg


二人の万華鏡をしばし、楽しんで下さい♪

c0145209_2238670.jpg

c0145209_22412849.jpg

c0145209_22422050.jpg

c0145209_22433869.jpg

c0145209_22444495.jpg

c0145209_2247538.jpg


この万華鏡の作り方は、NHKの「おしゃれ工房」8月号を参考にしました。
実は何の気なしにこの号を手に取った時、万華鏡の作り方が載っているのを見つけて、夏休みの工作はこれしかないと早々に購入していたのですが、姉も同じように買っていたようです。
似た者姉妹って、ほんと恐ろしい...。

でもこの二人の何が違うかというと、私はまだまだ夏休みは残っていると、材料もまったく準備せずにダラダラしてました。
姉は、律儀に材料を調達してました。

私が若かりし頃、テスト勉強は常に徹夜、夏休みの工作は最終日の晩派だったので、まだその血は脈々と流れているようです(笑)。
なので、ほんとに今回は助かりました。
さて、これで宿題の大きな山は越えたかな。
[PR]