ありがたいこと

先週に引き続き、今週末は宇治の実家でのんびりさせてもらいました。
やっぱり実家が近いのは、ありがたいことだと思います。
一度でも遠く離れて住んだことがあるので、なおさらそう思います。

もうひとつありがたいのは、実家のタロウにもちょこちょこ会えることです。
ただいま16歳と7ヶ月。
正真正銘のおじいちゃん犬です。

c0145209_1415333.jpg


先日、いつまでも元気だと思っていたタロウに、初めて異変が起きたと
母から聞きました。
夜中に、大きな声を出して苦しみだしたというのです。

次の朝、早々に信頼する動物病院に駆け込んだところ、
肺の横に水がたまってできる肺水腫が心臓を圧迫して、
呼吸が苦しくなったようです。

その時は、なんとか点滴と薬で押さえることができましたが、
それ以来、毎日の薬は欠かせなくなったとのことでした。
実はその時、長年お世話になっている先生も、もしかして今回は...と
思われたようです。

でも、なんとかタロウは乗り切りました。
そんな話を聞いて、タロウが本当におじいちゃんなのだと気づかされるなんて、
なんとも間抜けな話です...。

いつもは、実家の母と同じ布団で寝ているタロウが、
朝早くに起きてきて(人間と同じでおじいちゃんは、早起きなのです)、
私の寝ている布団にカサカサと入って来てくれた時、
なんともいえず、幸せな気持ちになりました。
犬や猫といっしょに眠る幸福感は、何にもかえがたいですね。
こればっかりは、いっしょに暮らさないとわからない気持ちです。

タロウを心から慈しみ、大事にしている母のためにも、
1日でも長く元気に過ごしてほしいと思いました。
がんばってや、タロウ。





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


今朝、カブトムシの『かぶ』が、ついに死んでいました。
いつ何時とも思っていたので、実家にも連れて来ていたのです。

大好きなリンゴにかじりついたまま、死んでいました。
虫が死んでしまったことで涙が出たのは、初めてかもしれません。

行動を起こすのが遅く、お嫁さん探しも失敗に終わってしまいました。
これだけは、ほんとに可哀想なことをしてしまったと思ってます。
かぶのおかげで、楽しい思いをたくさんさせてもらいました。
感謝しています。

また、なにかの機会にカブトムシを飼うことになったなら、
その時もまた大事に育ててやろうと思います。
[PR]