タグ:お菓子作り ( 45 ) タグの人気記事

先週末、ふと思い立ってアイスクリームを作ることにした。
すると、思いがけずおいしく仕上がり、我が家の男衆はたいそう喜んでくれました。
それ以来、長男がしきりに、またアイスを作って欲しいとせがむので、
また二人でいっしょに作ることにしました。

『ホワイトチョコバニラ』
私も長男もホワイトチョコが大好物なのです♪

c0145209_22523150.jpg


シンプルな材料が4つもあれば作れます。
生クリーム、粗製糖、卵、ホワイトチョコレート。
刻んだホワイトチョコレートを入れると、
パリパリとした食感が加わり、さらにおいしくなるのです。
レシピでは、バニラビーンズも入れるようになってましたが、
経費削減のため省略(笑)

さて、こちらが出来上がり♪
ミントの葉もちょこんと乗せておきました。

c0145209_2345978.jpg


このアイスに乗せたいがために、先週からこちらを育ててます。
『スペアミント』と『ペパーミント』♪
どちらがいいか迷ったので、どちらも買っておきました(笑)
お店の方にミントだけは、下手に地植えしないで下さいねといわれたので、
もちろん鉢植えです。
ミントって、すさまじい繁殖力を持っていて、
時に他の植物を駆逐する勢いなんだとか。
でも、その繁殖力でもって、早く大きく育ち、
たっぷりミントティーが飲めるぐらいに、収穫できたらいいなあ。

c0145209_2365926.jpg


c0145209_237104.jpg


それはそうと、今日のおやじギャグ風タイトル。
Jさんの格言の一つです(苦笑)
心からアイスクリームを愛してるようです。
さらにもうひとつよくほざいている格言はこちら。
『栄養があって、ええよ〜!』
もう勘弁してくれ...。
[PR]
週末、心も体もホッとしています。
すると、おいしいものが食べたくなります(またか!)
なので、久しぶりにお菓子作りをすることにしました。
前からずっと気になっていたクッキーに挑戦。
たかこさんのレシピから『ジャムのせクッキー』♪
(私信:Kちゃんレシピありがとう!)

c0145209_1685120.jpg


実は、前にも一度挑戦しているのですが、味はうまし、されど見かけが...という
残念な結果だったのです。
今回こそはと注意して作ったつもりでしたが、
ジャムを乗せるための穴に深さが足りず、またしても微妙な乗りっぷりです(苦笑)
ちなみにジャムは、ミッシェルバッハに習いアンズジャムを乗せました。
クッキーを冷ますのにも、最近は辻和金網を使っています。
足付きなので、なにかと使いやすく便利です。

c0145209_16135443.jpg


長男は、このクッキーを見るなり言いました。
「お母さん、なんかこのクッキーどっかで見たことあるわ...。」
内心してやったりの母は、
「Sの大好きなあのクッキーやん!
お母さん、Sが喜ぶと思ってわざわざ作ってあげたんやで。うれしいやろ〜?」と
恩着せがましく、言い放ちました。
自分が一番食べたかったなんて、一言ももらしません(笑)

c0145209_16134515.jpg


今回、おうちで作ったなりのおいしさは楽しみました。
でも、不満は残ってます。
ジャムを乗せることで、どうしても水分がクッキーに移ってしまい、
しっとり食感のクッキーになってしまうのです。
ミッシェルバッハのクッキーのジャムは、もっとネバッとしてて、
なおかつ、クッキー生地はカチッと固めなのです...。
あんな風に仕上げるには、どうしたらいいんだろう。
ジャムクッキー放浪は続きます(笑)

手打ちうどん いわしや
[PR]
今日のおいしいもの。
先日訪れた『手打ちそば 八助』で買って帰ってきた
勝山産のそば粉を使ったパンケーキ。
長男が帰宅後、おやつとして作りました。
いつも作るホットケーキの小麦粉を半量そば粉に変えただけなんですがね。

ほんとは、バターといっしょに黒蜜もかけていただいたのですが、
ビジュアル的にいただけなかったので、黒蜜をかける前の画像を使ってます(笑)

c0145209_194346.jpg



そば粉を加えると独特の香ばしさと、もちもち感が加わって、
とてもおいしくなります。
ホットケーキ好きの次男坊も、いつも以上におかわりを連発していました。

今回、1kgも買ったので、なんとか使い切る前に、
そば粉のガレットを作ってみたいと思ってます。
前から、気になって仕方がない一品なのです。

最近、いろんなことをやってみたい作ってみたい病は沈静化してるものの、
新しく頭の中を占めてることがあって、毎日気もそぞろです。
何をしてても、なんだか落ち着かない気持ちって久しぶりかもしれません。
自分なりに楽しんではいるんですけどね。
なので、ブログの方も少しだけのんびりペースになるかもしれません。
よろしくお願いします。

また出し忘れた
[PR]
昨日のことですが、急に食べたくなって作ったものを二つほど。
まずは、お昼ごはんに『ちくわ天そば』。

c0145209_16144238.jpg


料理研究家のケンタロウさんがこんなことをいっていました。
『ちくわは天ぷらにした途端、特別感がでる』
この大袈裟な格言がたまらなく好きです(笑)

c0145209_16214130.jpg


それにしても、次男坊と二人だけのお昼にちくわ天を揚げる気力に
自分でもびっくりです(笑)
我が家の青のりは、ちくわ天用に常備しているといっても過言ではありません。
それぐらい大好きなのです♪

そして、もうひとつ。
買いすぎたバナナの消費目的もあったけど、やっぱりここでも食べたくなって、
またたかこさんのレシピで『カラメルバナナのマフィン』を作りました。
横浜時代に、よく焼いていたこのマフィン。
かなり久しぶりの登場でした。

c0145209_16292677.jpg


小鍋でカラメルを作り、薄く輪切りにしたバナナをからめて作る
カラメルバナナを混ぜ込んだこのマフィンは、とてもおいしくて、
その昔、何度も何度も焼いてました。

c0145209_16293790.jpg


そういえば、たかこさんの本に、お菓子の食べごろの話が載っていました。
マフィンやスコーンは焼きたてからその日のうち、
タルトやパイは台のさっくり感が失われないうち、
シフォンケーキは、生地の質感と風味が飛ばないその日から翌日中、
そしてバターケーキは焼いてから3日前後、砂糖や洋酒が多めのレシピなら、
もう少し熟成させてからがおいしいのだとか。

せっかちで待つことが大の苦手な私には、
焼きたてからおいしく食べられるマフィンが
何よりぴったりのお菓子かもしれません。
[PR]
今日は、バレンタインデー。
もちろん何か作るつもりだったけど、前日まで何に作るか
決まってませんでした。

が、前日はお菓子とパンのプロフェッショナルみっち大先生が来てました。
何がいいかと相談したところ、手持ちの本の中からこれにしたらどう?と
勧められました。
それが『ガトーショコラ』でした。
またまた、たかこさんレシピです(それしか持ってないともいいますが)。

こちらは、焼きたてホヤホヤのガトーショコラ。
大先生から、大事なポイントをきちんと聞いたので、
チョコがたっぷり入った生地なのに、驚く程ふんわり仕上がりました!
やった〜♪

c0145209_13495854.jpg


さてこちらが、冷ました後、粉砂糖をフリフリしたところ。
あとで、本を見返すとこんなに真っ白になるまで、ふりかけてませんでした(笑)

c0145209_13545139.jpg


さあて、カットしていただきましょうか♪
本日主役の一人Jさんは、京都で結婚式だったので、
夜遅くに食べましたが、おいしいと喜んでくれました。

c0145209_13563556.jpg


今回、クリスマスに引き続き、姉親子が遊びにきてました。
「バレンタインデーにガトーショコラ作るねん!」と姉に言うと、
「うちにええのあるし、持って行くわ。」と言ってくれました。
それは、こちらでした。

c0145209_13585992.jpg


ベルギー・カレボー社のクーベルチュールチョコレートのセミスイート。
ほんとは、手軽に板チョコを使おうと思ってたので、
お菓子のランクが、思いがけずグッとあがりました♪

そして、使ったココアはいただきもののこちら。
ここ最近、お菓子でココアを使うときは、いつもこれを使ってます。
1878年創業のイタリアVenchi社のココアです。
パッケージがレトロで可愛いので、とても気に入ってます。
ちなみに、缶にかかれた『due vecchi』とは二人の老人という意味です。
イタリアでは、おじいちゃんおばあちゃんも大好きな飲み物と
いうことなんでしょうかね。

c0145209_1424215.jpg


そうそう、残り3人の主役、甥っ子、長男、次男坊のことを忘れてました。
こちらの3人衆も「おいしい〜!」と喜んでくれました。
こんな風に、一生懸命作ったお菓子を喜んで食べてくれるのが、
うれしくてならない今日この頃です。
[PR]
昨日、久しぶりに一人で外出させてもらった。
久々のシャバの空気はうまかった(笑)
そして、やっとあれを受け取りにいくことができた。
それは、こちら。

c0145209_0124246.jpg


ご存知、『BIRKENSTOCK』のBOSTONです。
4年前、横浜に転勤になると決まった時、がんばれ私というこじつけで買ったもの♪

とても気に入って、履き込んでいたので、相当へたってました。
なのでここ最近は、ほとんど履いていませんでした。
いつもなら、そろそろ新しいものを...なんて思ってしまう私なのですが、
この靴だけは、思い入れも強く、今回思い切って、
フットベッド全交換(アッパーのみ残して、全て交換)を
お願いすることにしました。

そしてその修理が終わり、無事手元に戻ってきたのがこちらなのです。
アッパー以外すべて新品になったBOSTONは、
新品同様の履き心地なのに、慣れ親しんだ風情は変わらずでした(嬉)

高い修理代でしたが、思い切ってお願いしてよかったと心から思いました。
ちなみにインソールも靴底もこんな風に、まっさらです。
これほど気持ちいいことはありません♪

c0145209_8372934.jpg

c0145209_0331186.jpg


そして、今日さらに思い切ったのが、靴クリームを使ったこと。
このBOSTONは、ヌバック素材ということもあり、
靴クリームを塗り込むのは、風合いを変えてしまう恐れがあるのでご遠慮下さいと
言われていたのです。
真面目な私は、言われた通り、お手入れと言えば、
ブラシをかけるぐらいだったのですが、さすがに4年の歳月から来る年季は
いかんともしがたくなってきていたので、修理を機に靴クリームをたっぷり
塗り込んでみることにしたのです。

さて、こちらが塗り込み前と後です。
塗った方がよかったと思いませんか?

c0145209_0452589.jpg


もちろん靴クリームは、あれを使いました。
栄養たっぷりのクリームをこれでもかとたっぷり塗り込んで、
丁寧に丁寧に拭きあげると、カサカサと白くけばだったような表面が、
ツヤツヤと温かい質感に変わり、また新しいBOSTONに生まれ変わりました♪
大げさですが、今回のこの修理一連の出来事には、ほんと感激しました。

ただ自分がうれしくて、感激したのををいいことに、
今日もひとりよがりな記事を長々と綴ってます(笑)
でも、もし同じようにほったらかしのビルケンがあるという方がいれば、
一度思い切って修理を考えてみたらいかがでしょう?
同じように、生まれ変わるかもしれませんよ。

またいちご♪
[PR]
今日は土曜日ですが、長男の授業参観日でした。
ほんとは夫婦揃って、行くところですが、
Jさんだけに行ってもらうことにし、私は次男坊とお留守番。
次男坊を連れての外出は、月曜日からと決めていたのであきらめたのでした。

でも、全部をあきらめるわけにはいきません。
私には、やりたいことがいっぱいあるのです!
今日は、またしてもバターケーキです(笑)

今日は、いちごが安かった時、たっぷり買って冷凍しておいたのを使って、
『いちごミルクのバターケーキ』を作ることに♪
もちろん、たかこさんのレシピです。
ほんとにお世話になっています(笑)

冷凍いちごにグラニュー糖とレモン汁をかけて、レンジでチンしたものを
混ぜ込む今日のケーキ。
実は、コンデンスミルクまで入っているという超高カロリー!
ふう...ほんとおそろしい。

今日も、軽く混ぜ込んでマーブル模様にしないといけません。
うまくいくのかどうか...。
それにしても、ところどころのいちご色のきれいなこと♪

c0145209_21505264.jpg


おお〜♪
いちごミルクのバターケーキよ!
焼いてる間のいい香りは、これまでで一番だったかも。
さすが、いちご様。

c0145209_21362540.jpg


そして、このケーキのためにあったかのようなキッチンミトン。
若かりし頃、友人4人で訪れたイギリスで買いました。
たろとお揃いです♪

さて、こちらがお楽しみのカット面ですが、
ビミョーなマーブル模様でしたね(苦笑)
でも味は、いちごミルクでした♪
おいしかったです。
今日は、共立てのバターケーキでしたが、
共立ての方が、手間がかからなくていいなと思いました。

c0145209_21502438.jpg


さて、最近立て続けにバターケーキを焼いている私ですが、
息子たちの反応はというと、長男はロールケーキよりも、
バターケーキの方が好きみたいです。
そして、次男坊はロールケーキの方が好きみたいです。
私はといえば、どちらも好きというおそろしいタイプなのでした(苦笑)
[PR]
まずは、タイトルと関係ありませんが、一番にお知らせしたいことから。
2日前、インフルエンザに倒れた次男坊でしたが、
本日をもって、平熱に戻り、終日元気に過ごしておりました。
ご心配をおかけしました。

予防接種をしていても、まだ小さいからか2日間は高熱が続きました。
でも、見ていられないぐらいつらそうな様子ではなく、お兄ちゃんといっしょに
遊んだり、ゲームしたりはできたので、今回のインフルエンザ騒動に関しては、
ほんと予防接種様々でした。

それよりもなによりも問題なのが、私の『食べてみたい、作ってみたい病』が
ひどくなる一方で、実は昨日もこんなの焼いてました(苦笑)
でも、これはおおいに失敗でした。
本来なら御蔵行きのネタですが、
次回成功を目指して、恥ずかしながらUPすることに!

またまた、たかこさんのレシピ本から『グレープフルーツのケーキ』です。
バターケーキ続きます(笑)

まずは、生地に混ぜ込むグレープフルーツの実を煮詰めることから始めました。
レシピでもおすすめだとされていたルビー色のものが、
たまたまおうちにあったので、これしかないと飛びついたのでした(笑)

c0145209_22481166.jpg


こちらが、グラニュー糖とグレープフルーツの実を軽くとろみがつくまで、
煮詰めたものです。
わあ〜きれいと、ここまでは、調子よく作っていたのですが、
生地作りで、ちょこちょこと失敗が続きます。

まずは、先日作ったマーブルケーキとあまり配分が変わらなかったので、
真面目に作り方を読まずに始めたのがいけなかった。
実はこのケーキは、卵を卵黄と卵白に分けて加える別立て法の
バターケーキだったのです。
この前は、全卵を加える共立ての方法だったので、
途中思いがけずメレンゲを作ったり、バタバタした上に、
材料を加える順番を間違えたりもしました。
そして、今回最大の間違いが、できあがりから70g使用するだけだった
グレープフルーツ煮を計りもせずに、ドボンと全て投入したこと...。
焼き上がりはこんな感じでした(苦笑)

c0145209_2301519.jpg


やっぱり水分が多すぎたのか、ふっくらと焼き上がりませんでした。
そして、カットした断面も、下の方にグレープフルーツ煮がたまっている
感じです。
ちょっと苦みのきいたグレープフルーツの味がおいしかっただけに、
すごく残念でした。

c0145209_2323128.jpg


それにしても、バターケーキに別立てと共立てがあるなんて、
今まで知りませんでした。
スポンジケーキにあるのは知ってたんですけどね。
お菓子も、ほんと奥が深いです。

さて毎日毎日、高カロリーな日々が続いてます(苦笑)
困ったことに、冷凍庫には買い込んだ無塩バターがまだ残ってます。
なのでこの生活、もう少し続きそうです。
このケーキも、近々リベンジするぞ!
[PR]
今日も終日、家族揃って自宅におりました(苦笑)
日頃から、控えめな食欲のJさんは、さらに食欲を失っていたので、
冷たくて甘いものなら、お腹に入るのではと思い、
なぜか我が家にあった、わらび餅粉でわらび餅を作ることにしました。
ちなみに白玉粉は常備してます(笑)

実はわらび餅を作るのは、初めてです。
なので袋にあった作り方を、そっくりそのままに作りました。

まず、わらび餅粉100g、グラニュー糖100gを水3カップで溶かします。
その後、中火にかけて、絶えず鍋底をへらでかき混ぜます。
乳白色になったら、火を弱め、さらに約20分間透明になるまで、よく練ります。
これが、なかなかの重労働でした。
そして、こちらが20分間練り上げたわらび餅です。
おお〜♪
毎日、毎日一人で歓声をあげています(苦笑)

c0145209_21263026.jpg


そして、このまま適当な大きさのバットに流し入れ、冷やし固めます。
その時、必ずバットを水でぬらしておきます。
後で、取り出しやすくするためですね。

c0145209_22172830.jpg


さて、食べやすい大きさに切ったものを、氷水に浸し、
きな粉(てんさい糖と合わせました)をたっぷりまぶして、かけて、
ひんやり冷えたわらび餅の出来上がり。
それでは、みんなでいったまっかす〜(次男語でいただきます)♪

c0145209_22214136.jpg


昨日のマーブルバターケーキ同様、ビギナーズラック続いてます(笑)
めちゃうまでした。
できたてのわらび餅って、こんなにおいしいんですね。
これから、わらび餅は手づくり派に転向することを宣言しますっ!

と能天気に終わるはずでしたが、残念なことが起こりました。
夜になると、次男坊の熱がグングン上がってきたのです。

やっぱりまだ3歳。
逃れられるはずはなかったのです...。
明日、朝一番で病院に走ります。
予防接種をしていたのが、せめても救いですね。
うなされることなく、静かに、でも真っ赤な顔で寝ています...。
先日の胃腸風邪のせいで、ずっと具合の悪いお腹でしたが、
今朝やっと、10日ぶりにいい『う◯◯』が出て、
やったねと手を取り合って、喜んでいた矢先のことでした。
[PR]
今日、長男は学校をお休みしました。
十中八九、学級閉鎖になるだろうと思っていたら、
昼過ぎに担任の先生からお電話があり、その予想は当たってしまいました。
これで、一足先に閉鎖していた1クラスをのぞいて、1年生は残りのクラス
すべて閉鎖となりました。
次に学校へ行くのは、30日の金曜日です。
まさに猛威です。

ちなみに、Jさんからも昼過ぎに戻るとメールがありました。
具合が悪くなってきたとのことでした。
こちらも十中八九インフルエンザだと思っていたら、大当たりでした...。
この方は、なぜか予防接種をしてません(苦笑)
困った方です。

こうなったら、騒いでも仕方がないので、
マイペースな私は、今日もケーキを焼くことにしました(笑)
それも、いつもは作らないバターケーキです。
無塩バターを常備しているうちではありませんが、
先日お買い得になっていたよつ葉の無塩バターが
めずらしく冷凍庫にたっぷりあったからです。

今日は、負けん気をだして、今まで作ってみたかったのに、
ずっと目をそらし続けたあのケーキを作ることにしました。
たかこさんのレシピ本から『キャラメルマーブルのバターケーキ』です♪
まずは、生地に混ぜ込まなければならない、キャラメルクリームに挑戦。

c0145209_20415155.jpg


厚手のお鍋に、グラニュー糖と水でしっかりしたこげ茶色のカラメルを作り、
最後に温めた生クリームを投入して作ります。
投入直後、思った以上にブワッと沸き上がってきてびっくりしましたが、
苦みの効いたいい感じのキャラメルクリームに仕上がりました。

そして、こちらが何年かぶりに作ったバターケーキです♪
温度を少し高めで焼いてしまったので、かなりいい焼き色がついてしまったけど、
思わず、おお〜と一人歓声をあげてしまいました(笑)
じっくり焼き上げるバターケーキってなんだか幸せな気分に
させてくれます(こんな時でも)。

c0145209_20483458.jpg


ちなみに、マーブルとやらはどうなっているかしら?
ちょっと変だけど、無事マーブル模様になってますね。

c0145209_2053378.jpg


実は、こんなことをしている私も鼻水がとまらず、くしゃみもしています。
でも熱はありません。
何度計っても36℃台なのです。
でもね...。
たぶん、私もすでにインフルエンザにかかっていると思うのです。
長男と同じく予防接種が効いているだけではないかと。
そんな私が作ったケーキなので、ウィルス入りの特製ケーキです。
なので家族とはいえ、あまりどうぞどうぞと勧められません。
おいしく焼けたんだけど、仕方ない...。
日持ちはするから、自分で食べよう(笑)

バターケーキ、またの名をパウンドケーキといいます。
そういえば、私の友人にはパウンドケーキのプロフェッショナルがいたのだ♪
早く家族みんなが元気になって、彼女といっしょにお裁縫がしたいな。
そして、おいしいパウンドケーキを焼いてもらいたいな。

今日のランチ
[PR]